しみがついたソーイングボディを洗ってみた

シミが付いてしまったソーイングボディ

シミが付いてしまったソーイングボディ

なぜだか忙しい時間帯にコートを洗濯機で洗っていました。

洗濯終了のアラームがなり、ハンガーにかけようとしたところに「(二男がお風呂を)あがるよー!」と夫の声がしました。

いろいろな用事を同時進行で行動してたこともあり、ふいにそばにあったソーイングボディにそのコートをかけ、二男のお風呂上りの世話をしてからコートをかけ直そうとしたら・・・

ボディにコートの茶色い色素がしっかりついていました(泣)。

前にも洋服を作っていた時ボディの上からスチームアイロンをかけた時にもしみになり、気をつけなければならないのはわかっていたのに。

その汚れたボディは洋裁をする母が自分のと交換してくれたのです。

またやっちまったー。

なんとかしなければ。

私のボディの布の中身は発砲スチロールでできているみたいで、水をかけても崩れたりとかそういう心配はなさそうなので、

いい方法ではないと思いましたが、お風呂場で洗ってみることにしました。

一部に水をかけてシミが取れたとしても他の箇所が新たにシミになっては困るので
全体的に濡らしてみました。

そして石鹸で洗い、石鹸をきれいに洗い流す。

表面をタオルでふき取りました。

ボディを起こすと発砲スチロールの中に染みこんだ水分が随分と出てくるので一時間くらいはお風呂場に置いたまま。

水気がなくなったら土台に差し込んでドキドキしながら乾くのを待ちました。

洗ったらきれいになりました。

洗ったらきれいになりました。

そうしたら無事シミはなくなり、他の所に新たなシミも付きませんでした。

あぁ、よかった、よかった。

ちなみにボディの底は紙のような素材で出来ているのでちょっとボロボロになってしまいました。

見えないところなので気にしないようにする(笑)。

そうだ、でもマネはしないでくださいね

っていうかこんな事をしてるのは私ぐらしかいないだろうと思いますが・・・。

母親に取り替えてもらった汚れのついたボディも洗ったらキレイになるのだろうか。

ずいぶん経っているからシミは取れないかな。

今度帰省したら試してみようと思っていたりする・・・。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする