革のUSBメモリーケースを作り直しました

納得いかなかったので、もう一度リベンジしました

納得いかなかったので、もう一度リベンジしました

糸調節がうまくいかず縫い目がボロボロなUSBケース、やはり見る度に納得いかず、次の
日またミシンに向かいました。

前回のは家庭用ミシンで作ったので今度は職業用ミシンを使ってみました。

そしたらすんなりうまくいき、拍子抜けしてしまいました。最初っから職業用のミシンを使えばよかったのか。

今回の糸調子はバッチリうまくいった。糸は素材に近い色にしたほうがいいってこともわかりました。

後ろもキレイに縫えました。

後ろもキレイに縫えました。

私の家庭用ミシンはボビンが大昔のだったりするのでメンテナンス後にまた糸調子の確認をしてみようかな。

とにかくもやもやしてたのがすっきりしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする