チュニックブラウスをシャツブラウスにお直し

チュニックブラウスを腰骨丈のシャツブラウスにリメイクしました。

チュニックブラウスを腰骨丈のシャツブラウスにリメイクしました。

夏のセール中ですが、何かゲットしましたか?

先日、私も少しですがお買いものしてきました。

ちょっとお直ししたいところがあるので早いとこ作業しないと夏が終わってしまいます。

そのセールに行く数日前、何を買い足せばいいのかタンスを整理しながら考えていると、

妊娠時に着ていたチュニックブラウスを見つけました。

買う前には出産後はボタンを外せば授乳服になる(←ここまでは間違っていなかった)

お腹がへこんだらウエストのひもを締めてレギンスかピタッとしたボトムと合わせて着ようなんて思っていました。

実際着てみたら重苦しく見えてなんか変なのです。

デニムシャツはどのボトムにも合わせやすいから細身にして丈を短くするお直しをしてみました。

素材は薄手のやわらかいデニムシャツです。

ひもが入っていたウエスト部分もほどけるデザインではなさそうだからこのままにしておくことにしました。

着なれたシャツを持ってきて、丈や身頃の大きさを調節しながら。

着なれたシャツを参考に裁断計画図。

着なれたシャツを参考に裁断計画をしました。

一番細くするところで脇を4センチ、裾は2センチ細くなるようにカットしました。

全体で計算すると元の形より8センチ細くなります。

裾はまっすぐ切ってしまうとなんか変なので、シャツのようにちょっとカーブをつけて。

チュニックブラウスがシャツブラウスに変わりました。

試着してみるとちょうどいいけど、まだ若干大きいような。

前を開けて着たりすることを考えるともう少し細くしてみたくなりました。

ほどくのは面倒です。

余裕がある後ろ身頃に一本2センチのダーツを付けてみました。

後ろ姿はこんな感じ。ダーツも2本入っています。

後ろ姿はこんな感じ。ダーツも2本入っています。

2本付けたから、さらに4㎝細くしました。

こんな感じになりました↓

着画してみました。

着画してみました。

チュニックシャツで着るよりかはこちらの方が好きかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする