プラバンで幾何学模様チックなペンダント作り

カジュアルな服装でも違和感のないようなペンダントが欲しかったのでプラバンで作ってみました。

カジュアルな服装でも違和感のないようなペンダントが欲しかったのでプラバンで作ってみました。幾何学模様チックというよりかは蜘蛛の巣っぽいけど・・・

いつもカジュアルな服装だけど胸元にアクセントが欲しい時に違和感なく付けられるペンダントってのは作れないものか。

っとちょっと考えついたのが

「プラスチック容器のお弁当のふた(プラバン)で作ったブレスレット」

「プラバンで作るブレスレット (透き通る色を付けてみた)」

この二つを組み合わせた感じのペンダントを作ってみました。

作業工程はほぼ同じで、形が大きめの円形にしただけです。

~~~まずは黒の幾何学模様チックな方から~~~

①プラバンの表面を白くなるまでやすりをかける。丸く切り取っておく。

②水性顔料マーカペンでぐちゃぐちゃ線を書いて幾何学模様チックにする。
( 油性ペンはトップコートをぬった時、せっかくの模様がにじんでしまいます)

③革ひもを通す穴をあけてから焼きます。

~~~次は青いほう~~~~

透き通る色を付ける方法はえのぐを使わなくても100均に売っているサインペンでもできることがわかりました。

①プラバンの表面を白くなるまでやすりをかける。丸く切り取っておく。

②青い(好きな色の)サインペンで表面をぬっていきます。
この時、ペンでなぞったとおりの跡がつきキレイに見えないので、時々ティッシュでぼかしながら色付けするといい具合に仕上がります。

ティッシュでぼかしながら色付けするといいみたい

ティッシュでぼかしながら色付けするといいみたい

③革ひもを通す穴をあけてから焼きます。

焼きあがった感じ。青い方には少しラメを散りばめてからトップコートをぬりました。

焼きあがった感じ。青い方には少しラメを散りばめてからトップコートをぬりました。

焼きあがったらトップコートをぬるか、ラッカーをかけてあげるときれいに発色します。

この二つを重ねて革ひもを通してあげればできあがり。

作ってみた感想は、

一番下にくる色によって黒模様の引き立ち具合も変わってくると思います。

柄も好きな絵を描くのもいいかもしれませんが、鏡で全体を写してみると柄は全然目立たなく、色合いの方が目立ちます。

なので適当な幾何学模様チックな模様が合っているようか感じがしました。

あと、プラバン一枚だと軽すぎて革ひもがピンと張ってくれません。たるんでるとなんかヘンでした。

二枚だとぶら下げておくと徐々に革ひもが自然と伸びてくれます。(写真のはまだ伸びきっていない状態ですが)

これにチャームを付けたりすると重さがちょうどよくなると思うけど適当のがないので今のところはこの状態のままで。

今回はベースが青を使いましたが、カーキーとかオリーブ色もどんな服の色にも合いやすいんじゃないかと次のを制作してみています。

この暑いのに短時間でもトースターを使うとなおさら発汗しますが、苦にならない作業だとがんばれちゃうものですね。

ご飯支度は苦に感じます・・・。帰り際にポチっとよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする