リュックの肩ベルトズレを防止するチェストベルトを作ってみました

リュックサックの肩ひもを胸の前で止める金具チェストベルトを作りました

リュックサックの肩ひもを胸の前で止める金具チェストベルトを作りました

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

この記事にお越しくださいましてありがとうございます。

新しく『長さを調節できるチェストベルトの作り方』もありますので合わせてご覧くださいね。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

うちの長男、リュックを壊して帰ってきた。

部分的にファスナーやポケットが壊れたとかそういうんじゃなくて、繊維が20センチほどビリビリに破けてるんです。

「しっかし、どういう行動したらこうなるの?」

理由を聞いても「ちゃんと使ってたんだけどなぁ」というばかりで、開いた口がふさがりません。

まぁ、そういうこともあろうかと壊れたリュックはリサイクルショップで新品未使用品で315円で買った物だったので、やっぱりなぁという感じで諦めはつきます。。。

でも壊した日から数日後にリュックが必要な行事があることを思い出し、新しいリュックもリサイクルショップで新品未使用品で540円でゲットしてきました。

このリュック、喜んでくれたけど長男にはまだ若干大きいのもあり、背負って走り回ると肩ベルトが外れてくるんだそうです。

リュックが必要な行事とは子ども会で遊園地に行くのです。

それはかなり動き回るから何か処置してあげないと。

リュックサックの肩ひもを胸の前で止める金具を「チェストベルト」と呼ぶんですね。

次男用の幼稚園リュックには初めから装着されていたので、それを見ながら真似て作ってみました。

装着前。

装着前

材料は

・リプロンテープ(PPテープ)と呼ばれるヒモ(20mm)

・差し込みバックル

この2点です。

白い点が縫ったところ。ピンクの矢印の★マークの長さは成長しても使えるように、です(説明下手ですいません)

白い点が縫ったところ。ピンクの矢印の★マークの長さは成長しても使えるように、です(説明下手ですいません)

肩ベルトにPPテープを縦に縫いつけます。

白い点が縫ったところです。ピンクの★は長さ分背が伸びても使えるようにする為です。

工程図

肩ベルトに縫ったPPテープに差し込みバックルがついたPPテープをくぐらせるように輪にして縫いとめます。

できあがりはこんな感じ

できあがりはこんな感じ

両方付けたら出来上がり。

これで遊園地行動もバッチリだね。

しかしながらこのリュックはどのくらいもつことだろう・・・。

消耗激しい兄弟に負けないパワーを!応援クリックお願いします(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村