「活発な兄弟よ、母は8枚もズボンの穴補修をしたんだよ」の巻き

ひざの穴補修したスボン達。長男も撮られ慣れてきたのかポーズするようになってきやがりました。

ひざの穴補修したスボン達。長男も撮られ慣れてきたのか自然とポーズするように。

この間長男の服の衣替えをした時、しまう前に一枚穴が開いているズボンがあるのは知っていたから直そうと思っていました。
だけどよく見たら5枚あるズボン全部(ヒザ部分)に穴が開いているではありませんか。

次男のも調べてみたら3枚穴が開いてました。

兄弟そろって活発だからねぇ。。。

買い直しても奴らはまたすぐに穴を開けてくるに違いないし、サイズオーバーなわけでもないんだから、ちょっと穴を補修すればまだまだ着れる!

ということで、その夜私は8枚の穴補修を夜1時半までかかって作業しました。
(次男が寝付くのも遅かった)


小さい頃はアップリケをつけてあげると喜んでくれましたが、小学3年生にもなると「さすがにそれは止めて」と言われました(笑)

それなら、お直しの「ミシン刺し風」でいきますか。

ワントーン薄くなっている円が裏からあてた布のつもりで、表側から縦横直線縫いでジグザグ縫いました。

ワントーン薄くなっている円が裏からあてた布のつもりで、表側から縦横直線縫いでジグザグ縫いました。

補修したい布に近い色合いの生地を用意します。

布はこんなこともあろうかと、だいたいいつも同じような色合いの服を着てるので、小さくなった服を少し切り取って取り置きしてありました。

穴より少し大きめに切って裏からあててマチ針で止めます。

そして上から縦側と横側から直線縫いでジグザグと縫いました。

8枚あるので一回一回ミシンの糸を取り替えるのは面倒です。

下糸はグレーにして上糸だけを取り替える作戦でいきました。

次男のズボンで一枚だけ破け具合がひどいのがあったので、デニム生地でひざあて風に縫ってみたり。

次男はこの前おさがりを沢山いただいたので、普段はもらったのを着せて補修したのは着替え用として車の中にしまってあります。

長男のズボンは穴の補修と裾の折ってある部分もほどき作業もしました。

それでも5枚全部丈が短めだからたぶん今年限りでしょう。

またどこかで安く仕入れてこなくちゃ。

帰り際にまた応援クリックポチっと↓してくれたらうれしいです。いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする