100円均一のクッションケースからモバイルバッテリーケースを作る

柄付きのバイアステープで縁取られたクッション素材のモバイルバッテリーケースを作りました。

柄付きのバイアステープで縁取られたクッション素材のモバイルバッテリーケースを作りました。

くまぽんさんでモバイルバッテリーを買いました(ディズニーランド旅行に必要だった)

前に持っていたのはUSBケーブルが壊れてしまったのか、他のケーブルを使っても相性悪く充電されない時があり、新しいのを探していました。

http://foppish.moo.jp/?p=1457

で、買ったのはこちら

購入したモバイルバッテリー。画像クリックでくまぽんさんの詳細ページへ移動できます

購入したモバイルバッテリー。画像クリックでくまぽんさんの詳細ページへ移動できます

似たようなタイプも後から出ていました。この製品も良かったなー。

こちらの方がお安くて若干軽いのと充電回数が200回ほど多く使えるみたいです。こちらも画像クリックで詳細ページに行けます。回し者じゃございませんよ!?プロバイダーがGMOさんなのでくまぽんさんをよく利用しているんです。

こちらの方がお安くて若干軽いのと充電回数が200回ほど多く使えるみたいです。こちらも画像クリックで詳細ページに行けます。回し者じゃございませんよ!?プロバイダーがGMOさんなのでくまぽんさんをよく利用しているんです。

本題の続きにはいりますね。

そのまま裸で使うには衝撃の心配やUSBケーブルと持ち歩くためにもケースを作ることにしました。

生地は100円均一に売っているタブレットやPCを入れるA4サイズのクッションケースからリメイクします。

その名どおりクッション性のある素材なので精密な電子機器を入れて持ち運ぶのにいい素材なんです。100円で手に入るなんて素晴らしい。

この黒いのはセリアさんで購入しました。

ダイソーさんだと花柄や明るい色が揃っているので女性向きの素材が多いと思います。

適当な大きさに裁断したクッションケースに長細いバッテリーとUSBケーブルを出し入れしやすいようにする為に両側にバイアステープで縁取り作業をします。

クッション素材に直接バッテリーを置いて切ってしまいました。

クッション素材に直接バッテリーを置いて裁断しちゃいました。角が一辺でも丸いほうが仕上がりの感じが角々しくなくて違うと思います。

バイアス始末した最後から1.5㎝ほど上から縫いました

バイアス始末した最後から1.5㎝ほど上から縫いました

次は中表に折って端を縫います。その後、外側に返します。

ひっくり返すとこのような感じになりました

ひっくり返すとこのような感じになりました

ヒモを通すために上の入り口を2㎝位折り縫います。(直線でもいいけど今回はジグザグミシンにしました)

巾着と作り方は一緒です

巾着と作り方は一緒です

バイアステープで作ったひもを通せば出来上がりです。

縁取った生地と一緒の(バイアスの)ヒモを通したら出来上がりです。

縁取った生地と一緒の(バイアスの)ヒモを通したら出来上がりです

長細いバッテリーとUSBケーブルはバイアスでサイドに開けた切り込みで取り出しやすくなっているのがポイント。

出来上がり図

あるのとないのではやはり全然違うんです。

充電している時もUSBケーブルを付けたまま収納できます。

ケーブル付けたままでも収納可能です。ただ、このケーブルカバンの中でグニャリと曲がって壊れたら困るのでスマホの時は100均一のUBSケーブルを使用するようにしています。

ケーブル付けたままでも収納可能です。ただ、このケーブルカバンの中でグニャリと曲がって壊れたら困るのでスマホの時は100均一のUBSケーブルを使用するようにしています。

モバイルバッテリー、一つは持っていたほうが便利です(っていうか持っているのが常識なのかな!?)ケースも作って準備万端。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする