無料型紙でフリースのパーカーブルゾンを作りました

フリースのパーカーブルゾン。これから夏に向かって季節感がないようだけど、私には必要せまられての製作でした。

フリースのパーカーブルゾン。これから夏に向かって季節感がないようだけど、私には必要せまられての製作でした。

6月に入りましたね。日によっては日中半袖で過ごす日も増えてきたと思われる札幌です。

ですが、朝晩外はまだ寒く雨の日なんかはグッと気温が下がりますので、この気温の差に風邪なんかひいてしまった長男。

その長男が陸上を習っていまして、月謝がとても家計に優しい金額だったりしますので、親も交代性で(月2回ほど)お手伝いをしなくてはなりません。

(お手伝いすると子ども達の顔を覚えられるし、他のママさん達とお知り合いになれるチャンスなのです)

寒いけど真冬の格好ではちょっとおかしいかな?と思い、家に在庫していた真っ黒のフリースでブルゾンを作ってみることにしました。

型紙はでぃあこす(DRCOS)さんの無料型紙を使用させていただきました。

今回使用させてもらった製図。 でぃあこす(DRCOS)さんの型紙はほぼ無料で使用することができます。サイズも男女、ジュニアサイズも豊富でココに来れば作りたい物が全部見つかってしまうほどです。

今回使用させてもらった製図。
でぃあこす(DRCOS)さんの型紙はほぼ無料で使用することができます。サイズも男女、ジュニアサイズも豊富でココに来れば作りたい物が全部見つかってしまうほどです。

私は女性サイズのMサイズを使用しました。

肩のラインだけはピッタリ合わせたいので、肩を1センチほど削りました。

前・後ろ身頃の肩幅をカットした分、袖山で削った1センチを上げる(加える)感じに補正しました。

前・後ろ身頃の肩幅をカットした分、袖山で削った1センチを上げる(加える)感じに補正しました。

補正についての参考図書は↓

画像がでなかったのでこんな表紙の本↓です

これ一冊あると製図の書き方やサイズの変え方縫い方までギュッと集約されていて便利な本だと思います

これ一冊あると製図の書き方やサイズの変え方縫い方までギュッと集約されていて便利な本だと思います

簡単な作り方は製図に書いてくれてますので、他に似たような服で作り方が載ってる図解の本も参考にしながら作ってみました。

parka2

A ・シルバーの金具でグリーンのオープンファスナーを使用しました。

B ・ポケットは黒の裏地を一緒にはさんで縫いつけました。

C ・パーカーの縫い目は一番見えてしまうところなので黒の裏地でバイアステープを作り上から縫いつけました。ココが一番手間がかかりました。

D ・実際に着てみましたの図。164㎝胴長の私にはもう少し丈があったほうがよかったのかもしれません。

ちなみに着画で背中に背負っているバッグはこちら↓

http://foppish.moo.jp/?p=2340

数日前、お手伝いの日に実際着ていきました。

カジュアル派の私がフリースを着たらますますカジュアルすぎてだらしなくなるかな?という憶測でフリースジャンパー類を持っていなかったんです。

が、暖かい!

おしゃれなママさんが着ていたのを観察しますと、「サイズ(フィット感)や丈を間違わなければいいんだ」ということを知ったような気がします。

長男にこれどう?と聞いてみたら「黒はあまり似合わない」と言われました。

その日かなり寒かったので長男(小4)に着せてみたら袖を二まくりほどしてあげるとちょうど良いではありませんか。

私のお手伝い日じゃない日は長男に着せていくことにしました。

一石二鳥のジャケットになり!?寒い日の練習日には活躍することでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする