簡単 革で作る SONY WALKMAN ケース

sony workmancase

sony workmancase

革を3辺ミシンで縫っただけのシンプルな作りのケースです。

最近長男(小4)が音楽を聴くようになってきました。

夫が使っていたウォークマンを譲ってもらったんです。

シリコンカバーをつけてはいますが、持ち運ぶカバンの中で何かにちょっとでも触れるとすぐスイッチが入ってしまいます。

いざ聴く時には充電池がない!という事が度々ありました。

なにか硬い素材でケースを作れば解決するんじゃん、と思い立ち、このケースを作ることになったわけです。

白い点の部分をミシンで縫いました。

sony workmancase

ケースのフタになっているところは革の端っこのカット感をそのまま利用してみました。

ただ、失敗したところは最初縫ったところがきつめだったのでほどいたら穴が空いてしまいました(ーー゛)。

もう代わりの革ないし、このまま使ってもらおうと思います。
(穴が空いていても何も気にしない長男で助かった)

ちなみに長男は最近よく聞いているの「SEKAI NO OWARI」のRPGという曲。クラスのイメージソング!?みたいでよく聞いています。

この革で作った同じような作品がこちら↓

この間四苦八苦しながらも革のUSB入れを作って成功したので、今度はWi-Fiケースも作ってみました。革で作ったUSBメモリー入れ革のUSBメモリーを作り直しました同じ作りですが、大きさは4倍ほど大きいです。革をカットしたら三辺をミシンで縫う
糸調節がうまくいかず縫い目がボロボロなUSBケース、やはり見る度に納得いかず、次の日またミシンに向かいました。前回のは家庭用ミシンで作ったので今度は職業用ミシンを使ってみました。そしたらすんなりうまくいき、拍子抜けしてしまいました。最初っか
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする