100円均一の布2枚で作る幼児用エプロン製作メモ

どうしても動いてブレるので後ろ姿を写すことができなかったのが心残り

どうしても動いてブレるので後ろ姿を写すことができなかったのが心残り

幼稚園でエプロンが必要だと言われました。

息子は現在4歳と1カ月。成長範囲はちょうど真ん中くらい。

幼児用ってことは

・自分で脱着できる

ってことを一番に考えながら4歳前後用として製作してみたんですけど、その過程をまとめてみました。

とはいっても長男用に作ったエプロンと同じ形。(10歳と4歳は同レベル!?)

現在4年生の長男は入学してからまだ一度も給食セット替えたことがなく、「エプロンとか小さくなってないの?」と時には質問しても「大丈夫」との答えが返ってくるのであまり気にしていませんでした。とある日、洗濯物を干していると、兄弟そろって色合いが同

製図はこんな感じ↓

○の中の数字はぬいしろ分です。画像クリックで大きいサイズでみることができます。

○の中の数字はぬいしろ分です。画像クリックで大きいサイズでみることができます。

首にかかる部分。関係ないど編集ソフトでなぜか着色できなかった・・・。

首にかかる部分。関係ないど編集ソフトでなぜか着色できなかった・・・。

後ろで留める部分の製図です。2枚必要です。

後ろで留める部分の製図です。2枚必要です。

ポケットの部分。○の数字はぬいしろ分。

ポケットの部分。○の数字はぬいしろ分。ポケット口には芯を貼るとしっかりします。

画像はクリックすると大きくなります。

もしも、参考にしたいなという方がいたとして、わからないことがあったら気軽にコメントください。

縫い方も長男用に製作したのとまったく一緒の方法です。

広げるとこんな感じ

広げるとこんな感じ

生地はダイソーで切り売りを2枚分購入。

ちょっと硬めの布ですが、しっかりしていて選択してもシワにならずエプロンとかにはちょうどイイ感じです。

マグネットボタンは縫いつけるタイプのが欲しかったけどわざわざ手芸店にいくのは面倒だったのでダイソーのを使用しました。

ゴムベルトは家の在庫を使いました。

全部で300円ちょっとで出来上がりました。

AよくみるとちゃんとポケットもついていますB後ろはマグネットボタンをつけていますCエプロンのひもにあたる部分。D首にかけるけどゴムで伸びるから頭が大きくても大丈夫だし着やすい

AよくみるとちゃんとポケットもついていますB後ろはマグネットボタンをつけていますCエプロンのひもにあたる部分。D首にかけるけどゴムで伸びるから頭が大きくても大丈夫だし着やすい


二男に自分で着られるか実験してみました。

①首にかかる部分が伸びるのであたまからかぶる。

②後ろに手をまわしてマグネットボタンを合わせる。

マグネットボタンを合わせるのに「ん?ん?」と言ってましたが、すぐに「パッチンできた!」と言ってたので成功。

ちょうどエプロンを使う日が息子のお誕生会とお手伝いした日だったので他の友達のエプロンも観察することもできました。

半分以上は後ろがひもで結ぶタイプのエプロンだったと思う。

先生が忙しい中、ひとりひとり結んでいましたので私もお手伝い。

とりあえず息子を放置していましたら一人で着用してました。

先生に頼まなくても良かった。

最初は(その時期多忙で洋裁熱が薄れていた)市販品でもあれば100円均一でもなんでもいいかな、とは思ったけど作ってみたら一人で着れた!と二男は喜んでくれるし、好みの柄で300円程度で作ることができました。

手作りの良さはここなんだなぁと実感し、洋裁熱が復活しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする