手作り大人服 フリルがアクセント!?丸襟のブラウスを作ってみました。

初秋の北海道といえども長袖はまだ汗ばみます

初秋の北海道といえども長袖はまだ汗ばみます

9月に入り残暑もありますが、今日辺りからちょっと秋の風を感じました。
(涼しいのはいいけど、一気に寒くなるから困ります)
秋っぽい服が作りたくなったから型紙をひっぱり出してあれこれ考えました。

前回丸襟のブラウスを作ったけど

手作り大人服 透ける感のある生地で丸襟のブラウスを作ってみました

透ける素材だったからあれこれいじった感じになってしまい、

ちゃんと本の通りに作ってみたかったのでリベンジすることにしました。
香田あおいのパターンレッスン秋冬の服より

香田あおいのパターンレッスン 秋冬の服 ジャケット、コートへの展開もできます。

新品価格
¥1,404から
(2016/7/4 23:17時点)

この生地はね、実家に在庫してあったのを見つけました。

ポリエステルが入ったちりめんっぽい素材。

適度な生地の厚さもあって色も明るい黄色じゃなくて黄土色だから秋っぽさもあるかなぁと。

こんなのを作りたいのです↓

この製図を使いました。 本当はこんな着こなしが出来たら・・・と思うけど、私が頭にスカーフを巻くと酔っ払いのセールスマンを想像させるイメージになる(´;ω;`)ウゥゥ

この製図を使いました。
本当はこんな着こなしが出来たら・・・と思うけど、私が頭にスカーフを巻くと酔っ払いのセールスマンを想像させるイメージになる(´;ω;`)ウゥゥ

説明どおり制作すると、見返しで襟ぐり始末をし前見頃の裾だけゴムが入るデザイン。

ある程度作ったところで試着をしてみると、あれ?なんかしっくりきません。

おそらくね、「服全体が単色で襟ぐりが詰まった系の服を着るとがっしり系の肩の私には合わない」とみた!

ここまで頑張ったのにあきらめることはしたくない。

ということで襟ぐりにフリルを付けてみましたよ。

フリルを付けたことによって、なんとなぁく立体感が出たというのか、フリルに視線も分散させられたと思う。

ってか思いたい。

見返しをほどいてさ、フリルを作って縫い直し。

ちなみに、後ろ襟ぐりはこんな風になってます

ちなみに、後ろ襟ぐりはこんな風になってます

(好きでやった事だけど)労力は報われただろうか。

それとね、袖の感じもダボっとしててなんか気になる。

ニット素材なら細くもできたかもしれないけど、伸縮性のない生地だから細くはできません。

なので、この前作ったアームバンドを付けてダボダボ感を目くらまし作戦してます。

アームバンド

アームバンド

ダイソーのアームバンドを好みの色合い目指してリメイク

一筋縄では成功しないもんですね。

製図を直すのを考えるのも楽しいのでまだまだ自分に合う製図の研究は続くのでありました(笑)

でも自分の服が増えて嬉しいヨ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする