美味しい!製作費も安く作れちゃう。片栗粉で作る本格的なお味のわらび餅

cookpadさんで見つけたレシピで作りました。

きっかけは、次男がなじみの店のランチバイキングへ行くとですね、デザートコーナーのわらび餅を取りにいくわけですよ。

「それはデザートだから、ちゃんとご飯食べてからにして」と伝えても

「お餅はごはんだからいいの」と言ってきかないんです。

ま、それ以外はごはんの後にデザートとして食べるんで、まぁそこは目をつぶっております(笑)

わらび餅の作り方を調べてみたら片栗粉で作ってらっしゃる方のレシピを真似て次男に食べさせてみたら、

目を丸くして美味しい!と飛びついてくれました。

画像クリックで詳細ページに移動できます。きな粉もいいけど、抹茶粉でも作ってみたいです

材料は片栗粉と砂糖、と水分でしょ、あときな粉。

とろ~り半透明になるまで温め、容器に移して常温に放置すること1時間弱。

きな粉をまぶすわけですが、私流のきな粉の混ぜ合わせ方は、

ビニール袋にきな粉と砂糖を入れ、衣をつける要領でシャカシャカ振ると手間がかからず短時間で量産できます。

片栗粉も砂糖もきな粉も小さな町でも手に入らないという事は滅多にないし、計算してみると2人分作っても20~30円ぐらいでした。

そして、汚れるのはお鍋一つ。しかも油分が入ってないですからスポンジでゆすげばいいだけです。

ビバ!すぼらな私に助かるおやつ(^^♪。


これ、冬休み中よく作りました。

3度の食事支度でうんざり気味でしたが、お菓子も食べていたけど毎回市販のお菓子っていうのもなぁ・・・とよぎります。

これは一番手間がかからずいい!

ずぼらな私でも作っておりました。

わらび餅なんてスルーしていた長男もこれを食べて「うまい!」と言っておりましたので、お餅好きな子ならイケルと思います。

気を付けたほうがいい点としては、

大量に作りすぎると冷蔵庫保管では硬くなってしまいますし、食感が変わってきてしまいます。

なので、2回分ぐらい食べれる量を作って常温か涼しいところに保存しておくのがベストだということを覚えた私です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする