北海道 美瑛の青い池に行ってきました!レポート

画像クリックで大きくなりスライドショーのように見られます。ダブルクリックでスライドショーが消えますよ。

美瑛青い池を見にいくことになったきっかけ

10年ぐらいずっとここに行ってみたかったんです。

実は長男は富良野生まれの子でして、長男を生む前後4年間は富良野市民だったこともあり、ちょっとは詳しいし、いろいろ見て回った方だと思います。

ですが、この青い池だけは行ってませんでした。

この池の事を知ったのは富良野を離れてしばらく経った頃です。

2012年に写真家「Kent Shiraishi(ケント・シライシ)」さんの撮影した美瑛町青い湖の写真がアップル社のWallPaperで紹介されたことで一気に知名度が上がったという情報を入手。

Ken Shiraishi Photo blog

こちらで↑その素晴らしくキレイな画像を見ることができます。

その画像の素晴らしさに息を飲みました。

なんてキレイなのでしょう。

これは行くしかない。そう思いつつもなぜか実現することはなく、私の行きたい欲望がピークっす!(笑)

とはいえ、

今住んでいる場所から富良野までは300キロも離れています。

車使用で片道5時間はかかるでしょう。

でもどうしても行きたい。

天気予報を見て晴れを確認、長男の小学校の帰宅時間が早い日、など。

都合の良い日を見つけたので弾丸旅行出発となりました。

その青い池はどうして青く見えるの?

青く見えるのは、十勝岳中腹を源とする硫黄沢川からアルミニウムを含んだ水が流れとしらひげの滝の麓を流れる美瑛川の水と混ざると目に見えないコロイドが生成されているためと言われています。
※昭和63年12月に十勝岳が噴火後、北海道開発局は火山災害から美瑛町を守るため、火山泥流を貯める施設として、早期に工事の完成が可能なコンクリートブロックによる、えん堤が平成元年6月に着手され、同年の12月に完成、その結果、ブロックえん堤に水が溜まり、いつの頃からか、「青い池」とよばれるように。
※太陽からの光が水中のコロイド粒子と衝突し、色々な方向に散乱され、コロイド粒子が、光の散乱を促し、波長の短い青い光が散乱されやすいため、その光が私たちの目に届き、青く見えると言われております。
但し、水が青く見える原因について、過去に水質調査がされておりますが、明確な原因については解明されておりません。十勝岳噴火後、自生した白樺のように、予期せず生み出された自然現象から生まれた神秘な場所です。
今では、青い池の中でカラマツなどの木が立ち枯れていている景色が幻想的に見えることから、カメラマン等から口コミで広がり人気になったスポットです。

昭和63年の火山噴火後、火山泥流をためる施設としてえん堤を作り水が溜まり、アルミニウムを含んだ水とコロイドという物質が何か光の散乱を促し青くみえるようですね。

私はそういう風に解釈したぞ。

北海道美瑛町ってどこ?

この青い池はね、北海道美瑛町という町にあるんですけど、

この美瑛町は北海道のど真ん中にある感じをイメージしてくださるといいかな。

ちなみに両となりがラベンダー畑の富良野、もう一つが旭川市にある旭山動物園なんかがあると思ってください。

ざっくりとですが、でっかいどう北海道なのでそんな感じの地図感でいいと思います。

あとは美瑛町のホームページなどで場所の確認はできます。

そんな難しい道順ではないので、美瑛町に入ってしまえば無事に到着すると思います。

ちなみに宿泊先は

旭川市万葉の湯というところです。

いわゆる健康ランドとかスパー銭湯みたいな場所です。

弾丸旅行でしたので、思い当たる宿泊先も満室ですし、寝るだけなのでまぁ行ってみようということになりましてね。

まぁ、雑魚寝みたいな場所に寝るのかと思ったら、リクライニングシートに各テレビがついている椅子が沢山並んでいたり、

もちろんマットに寝られるお部屋もあります。

女性専用のお部屋もありますから安心ですね。

次男と私は女性専用部屋に寝ていました。

女性専用のお部屋はそれなりに人数がいても、静かに寝られました。

ところが男性のお部屋はいびきをかく人が沢山いらしたようで、

私と次男以外の男二人は睡眠不足に陥ったようです。

あとね、男性用の寝るスペースに個性的なおじいさんがいらしたようで、

小さい声で話しただけなのに「うるさい」と言われ、

それにビビった長男。

そのおじいさんは変わり者らしくいろいろトラブルをおこしているようでしたが。

長男よ、そんな事でビビるな、強くなるのだ(笑)

全体的な感想としては、

お風呂もきれいだったし、館内も清潔でした。

寝るためだけに宿泊しましたが、

初めてのこういった宿泊でも安心して泊まれました。

まぁ就学前の次男がいるのでね、それなりには大変でしたけども

泣いて大変だったとかはなかったから助かったかな。

感想

今回はソーイング記事ではないけれど、帰省するばかりが旅じゃない。

たまに綺麗な景色を見に行くのも必要!とお出かけしたわけですが。

この青い池は秋口まではベストシーズンなのではないでしょうか。

デートドライブとか観光にも最高だと思います。

私はこの池で何組のカメラのシャッタ―を切るのを頼まれたことでしょう。

(自撮り棒も持ってらしたけどね)

まぁ、私はよく話かけられます。

外国からいらした方にも話かけられ、ウエストより上で撮るよう頼まれたり。

おもしろかったです(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村