手作り大人服 ラグランの長袖カットソー 補正後2着目制作記録

肩幅めくらましできる服が作りたくて自分で製図から引いて制作した服2着目๑•̀ㅂ•́)و✧

前回は肩幅めくらまし作戦を狙い久しぶりに自分で製図を引いて服作りをしようとしたら、反省点多しΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン

(着る場合はアクセサリーや腕まくりなどで目くらましをしながら着用してます)

手作り大人服 ラグランの長袖カットソー

それで泣く泣くもう一回最初からラグランスリーブの製図を引き直してみました。

ラグランスリーブの基本の形を作るのに参考にした本はこちら↓

洋裁―製図の書き方から部分縫いまで (ブティック・ムック (No.336))

中古価格
¥2,792から
(2017/10/13 12:31時点)

こんな分厚い本です↓。

厚さ3センチぐらいある製図の引き方や部分縫いの方法がのっています。

ラグランスリーブ製図の引き方のページ↓

久しぶりの製図を引く作業だったな。文字と数字を見てクラっときた( ;∀;)でも頑張る!

そうそう、ラグランの製図を引いていて疑問に思ったことがあります。

私の袖の製図は、このように二つに分かれております。

ラグランスリーブの袖部分

だけど、本から写す実物大原型やダウンロードをして使う袖はピンク色で囲ったように一つになっているかと思うんです。

まぁ、デザインと言えばそれまでなのかもしれないけれど、この繋がった状態での製図の書き方も知っておきたい。

でも、深くは調べていないけど、本を読む限りではこんな感じになったのです。

私は読み間違えているのでしょうか。

この違いも次回の改善点の一つにしてみよう。

さて、話は戻りますね。

基本の製図を引いたら次は前回の反省点をふまえて手直ししていく作業ですよ。

さぁ、どこを改善したかといいますと、

自分の画像にいたずら書きみたいな感じになってしまいましたが、真面目に説明します(笑)

黒点⇒ラグランのそでラインを少し内側に入れたのと襟ぐりも広くしてみた

青点⇒二の腕から肘下ラインまで袖幅を細くした。

赤点⇒ウエストラインをシェイプした。

緑ライン⇒裾リブの太さと幅を少し変更(裾リブの始まりが腰骨にくるように)

いやもう、ラグランスリーブの補正の仕方がわからなくて試行錯誤だった(*´Д`)

それなのに!

私はそれに加えて襟ぐりをドレープ仕立てにしたくて製図をいじくりまくり頭がパンクしそうでした。

さぁ、仕立てていきますよ。

前・後ろ見頃はニット生地を使い、袖は同系色のレースです。

生地拡大図

この袖のレースは夏にguでおそらく重ね着用であろう総レースのキャミソールドレスがとっても安く売っていました。

レースを買うよりお得になると思ったので一番大きいサイズを買っておいたのです。

レースの下には冬場でも暖かく着られるように&お見苦しくないようにベージュのニット用裏地を重ねてあります。

華奢なボディさんが着るのと本人とではまたちょっと違いますよね(笑)

目に見えない程度かもしれませんが一応before&after写真も作ってみました。

写真加工時、before写真の腕に何か間違いで赤いペイントみたいなのを付けてしまいました。気になさらずに(^_-)

どうでしょうか。

自己満足でもいいのです。

でもまだ少し手直しがあるんです。

少しのアレンジの手を加えれば量産できるようにするのが目標です。

完成を目指してあと少しです。

ジーンズ:ユニクロ ウルトラ ストレッチジーンズ

beforeで着用しているジーンズ:ユニクロ スリムボーイフレンドフィットアンクルジーンズ

ショートブーツ:リゲッタカヌー

ペンダント:ハンドメイド

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする