とある洋裁好きさんのパッと食べれて栄養もとれる簡単おにぎり

食べることは大好きです。

『食』ってとっても大事。

でも料理は下手です(笑)

食べることも忘れてしまう洋裁(ハンドメイド)の魅力(笑)

とりあえず子供達が帰ってくるまでの5時間ほどはできるだけ洋裁タイムにしておきたいなぁと。

あ、家事は起きた時からいろいろ身支度とある程度の家事をしながら、

見送った後は家事は30分~1時間と決めてがっちりしてからスパっとやめる。

出来ない分は子供達がかえってきてからでもいいじゃないですか。

洋裁は子供が帰ってくると出来ないワケじゃないけれど、細切れ時間作業になるので手作業なんかを残しておくんです。

話はもどりまして、家事を終えたら水筒に温かいお茶やコーヒーを入れて身の回りを固め作業開始。

熱中するとあまりお腹も空かなくなってしまうのですが、ふっと我に返ると何か食べたくなり、「私ってお腹すいてたのね」となってしまう時があります。

やっぱり一度食べないとダメですよね。

できれば調理するのも、お茶碗洗うのも手間がかからないほうがいい。

でも栄養はとりたいしね~。

過去はシリアルを食べる時もあったり、お弁当を作った時の残りを食べることもありましたが。

子供が食べるようになってきたので、食べ物が残るということは少なくなってきました。

シリアルやパンはお腹がいっぱいにならず、物足りなさを感じるんです。

で、おにぎりなら物足りなさはありませんでした。

うちは時々黒千石のお豆ごはんを炊きます。

黒千石はポリフェノールも豊富だし血管を若返らせ免疫力を上げてくれる働きがあるんですって。

それに必ず小魚系は入れたいんですよ。カルシウム源ね。

カルシウムにはビタミンDを取ると体内に取り込みやすいので、干し椎茸とそのもどしじるも一緒に炊き込む事も多いです。

好き嫌いもあるから、一緒に炊き込めない場合は、お弁当の残りの卵と一緒にたべたりもしますねー。

あ、私は枝豆を入れるのがすきです。 枝豆大好きなんです。

あの食感と塩気のマメの味と…たまりません。

おにぎりに入れたらもう最高~!

彩りもよくなるしね〜。枝豆があるのとないのでは全然違います(個人的意見ですが(^_-))

おすすめですよ〜。

ちなみに炊飯器で炊くのは黒千石と干し椎茸(もどし汁)で、

炊き上がってから干しあみかしらす(小魚)と枝豆をまぜる感じです。

このおにぎりの他に甘酒やホット豆乳とか牛乳を飲んでることが多いかな。

ずぼらな私でも簡単★甘酒の作り方とプチ運動をするの巻き

歯をみがいてすぐにまた作業してます

まとめ

白米だけで炊くよりかは、黒千石や雑穀米、玄米にする。

できれば、干し椎茸(もどし汁)も一緒に炊き込み、

炊き上がったら、小魚や枝豆をまぜ合わせて、塩おにぎりを作る。

(おにぎりの素を使っても美味しかったです)

私はたくさん作って1週間分くらいまとめて作っておくんです。

のりは食べる時に巻く派です(笑)

これで作業に集中できます。

あとは、足りない栄養素は夕ごはんや一週間単位ぐらいで補充できれば良しとしています。

ワーキングパパママさんのようには働いていないけど、最近はちょっとだけワークっぽい事をしています。

好きな洋裁で好きな人や大切な方のお役に立てるのは嬉しいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする