手作り大人服 補正後三枚目「Vネックカットソー」

いかつい肩と肩幅をめくらまししたくて、自ら引いた製図で制作したいと思っているラグランスリーブのVネックカットソーの3枚目になります。

説明はしつこく感じられるかもしれませんが、

元々Vネックが好きなんですけど、深いV字が肩の横幅を分断してくれているし、ラグランスリーブという内側に入った袖付けラインも横幅を強調しないような気がして制作実験している真っ最中です。

今回の補正したところは、袖幅をかなり削りました。

今までのは適度なゆとり感ではなく、袖だけダボつき感がありバランスが悪かったんです。

2枚目なんかは気に入っていた生地だったから袖のゆとり感がありすぎだったのにショックを受け、自己流で袖幅を狭くしちゃったからね(;一_一)

手作り大人服 ラグランの長袖カットソー 補正後2着目制作記録

だから、今回はきちんと製図を補正し直して作りました。

生地はパンドラハウスさんで1着分売りで500円でした。

どちらかというと、薄めのニットで、

黒にも見えるけど、濃いグレーに渋めな感じのゴールドのラメも入っています。

三枚目ということもあり、裁断から仕上げまで3時間ほどで縫い上げました。

着た感じは自分が目指している形にはほぼ近づいてきたかな。

ちょっと気になるといえば、前回からの課題でもある「袖山の縫い合わせを無くす製図の方法」がわかりません。

なので、近づくとジャージのラインぽっく見えます。

既製品をみてみると、袖の外側には縫い目は入っていないけど・・・

ひとまず、まだこれはこんなデザインさ、とでもしておこう。

とりあえず自分が着る分には満足できるカットソーにはなってきたな♪

今回の着画は同系色でまとめればシルエット的にスッキリしていれば服装を考えるのはラクチンなのかな!?という発想の私。

さらに長めのペンダントの重ねつけで、肩ラインから視線をそらすの術(笑)

こうして着画を撮ってみますと、肩ラインから視線をそらしたいなら、ペンダントorネックレスはもう少し存在感あるアクセサリーでもいいのかもしれないと思いました。(・_・フムフム

それか、中のインナーにボーダーTシャツとか色付きのTシャツを着ると刺し色にもなり、ちょっとまた違う印象にもなるのかしら。

今度、実験してみます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする