私的にはとても役立っているミニミニDIYを2点ほど

化粧水は洗面台でつけますが、以降のスキンケアをこの容器に入れ持ち歩きながらしています。

1.5ℓのペットボトルを切って、針金をねじったのを持ちてにして持ち歩き用スキンケア道具入れを作ってみました。

(持っていませんが)ドレッサーの前に座ってスキンケアを・・・とは生活しているとなかなかそうはいかないもので。

時短を考えるとオールインワンも今まで何個か試してきましたが、肌に合いません。冬場は特に。

プチプラだけど「とてもしっとり」タイプの化粧品類をしっかり肌になじませないと乾燥しちゃいます。

化粧水は洗面台でしっかり付けます。

その後、何種類かのスキンケアを終えるまでには、15分ぐらいかかるんですよね。

その15分もじっとはしていられない性格なので、なにかしながら一石二鳥的に移動しながら使える物?道具ってないかしらと。

もちろん不衛生な事はしませんよ~。下にも書きましたが、洋裁の部屋でストレッチしながら下に書いてある理由からです。

それで、ちょうど飲み切ったペットボトルをチョキチョキと・・・。

☆向かって写真右☆

このペットボトルの縁はアイロンを押し付けるとニュ~っと内側に巻かさるんです。

だから手を切ることはありません。安全です。

☆向かって写真左☆

横に穴を開けて、そこにネジった針金を通して持ちてを作りました。

シンプルな構造がいいんです(笑)

だって、容器に化粧液がついたり、クリームがついたら洗えばいいんですから。

これはミシンデスクの横から後ろ側にかけての写真です。

最近、夜はここでスキンケアをしてる事が増えてきました。

とにかく好きな感じがギュッとつまった場所なんです。

まずは毎年の事だけれども部屋にポータブルヒーターを設置しました。

洋裁デスク用の椅子にはニトリで椅子用のクッションを買ってふんわり座りやすくなりました。

部屋の蛍光灯が私の後ろから照らされるから手元が暗いのが目に悪いので、ダイソーのライトアップ商品を置き、香水の入った小瓶も置きました。

あと薔薇のペーパーウエイトもね。

そうしたら、制作するもの楽しいし、バラのペーパーウエイトも制作していただいたお気に入りの糸立ても(ありがとう(⋈◍>◡<◍)。✧♡)も浮かびあがるようで、いい感じ(´∀`*)ウフフ

この洋裁デスクにこの容器を置いて、下にヨガマットレスを置きほんわかした光の中でスキンケアしながらストレッチしてます。

癒される空間でスキンケアをするのはいい事ですよね。

しかしながらスキンケアをする所ではないので、この容器に入れておいて、スキンケアが終わったら元の場所に戻す、と。

私にとってはお家時間を快適に過ごす為の良い容器です。

さて、次はダイソーの滑り止めをシートを使って滑り止め機能付きハンバーに変身させる方法です。

とてもおおげさに言ってしまいましたが、

ダイソーの滑り止めシートを1.5㎝幅にカットして、それをハンガーに巻き付けるだけです。

接着剤はグルーガン(ダイソー商品)です。

とにかく冬場は裏地付の衣類が増えまして、滑り止めがついていないとよく落ちるんです。

手っ取り早く無駄使いせずに考え付いたまま行動してしまいました。

グルーガンは鉄砲みたいで子供の興味を引いたのか、

兄弟で(たまに喧嘩しながら)ハンガーに接着する作業を手伝ってくれたので助かりました。

100円ショップでも5本で108円の滑り止めハンガーも売っていますよね。

家のハンガー全部を一つに統一するのが将来の理想です。

だけど、ハンガーを統一する為に他のハンガーを捨てることはもったいなくてできない性格です。

なので、今はこれで十分。

108円で役割をかなえるハンガーをつくれたのですから。

ちょいとケチくさいかな(笑)

すこしずつ工夫とかして自分のこれは♪と思えるは事には惜しみなく使うの(^^)。

  • 両方とも工夫でもないけどね。

まぁ、私はこんな事してます〜っという感じの事でした(^_-)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする