段ボールにリメイクシートとキャスターも付けて移動式収納ボックスを作ってみました。

洋裁道具がある部屋に細々とした物をパッと取り出しやすいようにできる収納ボックスが欲しかったんです。

狭い部屋なので、ただ入れ物が置いてあるだけでは邪魔ですから、キャスター付きにしてみました。

必要な道具としては

・ダンボール
・リメイクシート
・丸型花台(園芸コーナーで見つけました)
・結束バンド
・取っ手
・ワイヤーネット

どちらもダイソー商品です。リメイクシートと結束バンド

こんな感じかな。

軽く作り方を説明すると、

ダンボールにリメイクシートを貼ります。

私は器用な方ではありませんが、まぁまぁ上手に貼ることができたからほっとしました。

ドアの取っ手(byダイソー商品)も付けてみましたよ。

ダイソーさんの取っ手です。ダイソーさんは一種類しかなかったけど、キャンドゥさんには取っ手が種類豊富に売っていてビックリしました。

裏側には段ボールを一枚重ねて補強しながら取り付けたんです。

あまり必要なかったんですけどね(笑)

ワイヤーネットに丸型花台を結束バンドで固定します。

結束バンドで飛び出た部分はカットします。

なぜ『丸型花台』なのかというと、この商品は園芸コーナーで売られていました。キャスターが4つもついているのに200円商品でお得だからです。

なぜ、色違いなのか・・・

それは人気商品なのか一個は買っておいたんですが二個必要なことに気付き、二日後に買いに行ったらもう色違いが一つしかありませんでした。

よほどの人気商品なんでしょうかね。

ダンボールに先ほどワイヤーネットに丸型花台を固定したものを一応合わせる感じにして
目打ちで穴を開けます。

私は先にダンボールに穴を開けてしまったので、ワイヤーネットの格子に合わず多数穴が空いております。
イコール失敗ということですね(笑)。見えないところだからいいとしましょう。

あとはワイヤーネットとダンボールを結束バンドで合体させると出来上がりです。

裏面です

これ、収納しておきたい物が多い為、ダンボールを二つ繋げてしまったけど、
ダンボールとワイヤーネットの大きさで一個タイプも作っておくのもいいな、と思いました。

このダンボールの中にはすぐに取り出せて便利なもの。
各ミシンのコード類や次に縫う予定の準備品なんかを収納しておいてます↓。

リアルな中身ですいません。この当時は3個ぐらい同時に制作していたし、事前準備の道具とかであふれそうでした。

そう、あまりにリアルに中身が見えてしまうので、カバーもつくりましたよ↓

生成り色のカバーだから後ろの壁と一体化して見えずらいですね。

狭い部屋なので、ミシンの横にはすぐに家族の洋服が収納してあるクローゼットがあります。

これは私の洋裁コーナーです。向かって左がクローゼットなので、その真横下に置いてある感じです。

一日1回か2回しか着替えないけど、私の洋裁道具があると邪魔にされるので、簡単に移動できるようにキャスター付きにしたんです。

掃除機かけもしやすいですしキャスター付きにして良かった。

これはダンボールだし、結束バンドで固定してあるから解体もすぐできるし、古くなったらまた作りかえればいいんです。

これ、見た目にも木の箱が置いてあるみたいで見た目にも良さげな感じです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする