セリアのハットにプチリメイク&セリアのハットを洗ってみました、の巻き

ハットに布テープで横ラインを入れるリメイク

『ハットの真ん中に横ラインを入れてあげるだけで、印象が変わると思うんです』

っと思っているのは私だけでしょうか(笑)

出先で帽子が必要になり、セリアが近くにあったので『レースハット』を購入したんです。

でもなんかそのままだと、面長だからでしょうか、頭から顔までペらーんとした感じでなんか変な印象です。

よくパナマ帽とかストローハットって横にラインが入ってるデザインですよね。

『ストローハット 画像』と検索するとこんな感じで出てきました

これってすごく意味がある事なんだなぁって。

ラインがあるだけで、キュッて印象が締まるんですよ。

なので私もテープを買ってきて巻きつけるリメイクをしてみたら印象がグッとよくなりました。

ボンド部分を補助する感じの手縫いで作りました。

ハットの色と同系色のテープ(手芸店に売ってます)で作ってみましたが、反対色で個性を出すのもアリですよね。

好みのテープ、ハサミとボンド、携帯用のソーイングセットがあれば出先で手を加えられます。

テープは手芸店だけど、それ以下の道具は100円ショップで揃えられますよ。

今回は同系色のテープを使いましたが、好みで反対色のテープでもパキッと個性が出ますよね〜。

後ろにリボンも付けてみたりして(^_-)。

セリアのハットは『お洗濯禁止』だけど洗ってみました

今は売っているのかな。3色展開してました。グレーやベージュも可愛いですね。

そして、ちょくちょく使っていたら汚れてしまったんです。

ファンデはつくわ、イベントでお店の調理の匂いもつくわで。
表示には洗濯禁止とされているのに洗ってみましたよ。

洗面器にお湯を張って、おしゃれ着洗い用の洗剤をとかして、ハンカチで優しくなでるように洗う。

そしてタオルで水気を取ったら形を整えて干す。

素材もそのまま形くずれをすることなく大丈夫でしたよ。

108円だから試せたけど、これを試す時は自己責任でお願いしますm(__)m

でもね、いつもは帽子の内側に#ファンデーション付着防止シール というのを貼っています。


http://foppish.site/?p=3468

柔らかくて薄い 不織布 で、帽子の内側の汚れやすい部分にペタっと貼りつけるだけで、ファンデーションの汚れから大事な帽子を守ってくれるんです。

1シーズンに2〜3回取り替えるけど、シールのノリのべたつきもないですよ。

私はメラニン色素が多いのか色黒ですぐ日焼けしちゃうんです。

髪の毛も紫外線を浴びたら傷んでしまいますしね。

サブ用にお財布に優しいセリアのリメイク帽子を持っていてもバレずに使えますよ(^_-)
(自己申告すると『それ108円!?』って驚かれます)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする