ペーパーウエイトとシャネルの本

いきなりドーンと謎の物体が出現ですが、これ、ガラス製のペーパーウエイトです。週末、実家の近くで毎年行われている陶芸市で買ってきたものです。陶芸市だけどプロ&アマの陶芸作品7割とガラス製品3割ぐらいが混ざってる感じかな。

道内一と呼ばれている陶芸市だけあってすんごい数の出店数でした。そして人出も半端じゃない。そんな中いっぱい欲しい物は沢山あったんだけど、数を揃えるにはそれなりに予算もかかるので、今回買ったのはペーパーウエイト一個だけ。

いろんな作品を見られて楽しかったなぁ。ペーパーウエイトは洋裁する時に使ってますが、重宝してます。

ついでに図書館にも行ってきました。市立ではなく道立の図書館なんですが、ここは穴場。マニアックな本も沢山あり、帰省したらかならずといっていいほどこの図書館にはお世話になってます。

今回借りた中の一冊で「CHANEL(シャネル)」。

映画『ココ・アヴァン・シャネル 』を観てココってこんな生き方をしてきたのかぁ、と偉大さに感動してしまい、いいタイミングでこの本を見つけたのでした。

服を作る、という遠い遠い遠ぉ~い共通点だけで観てても面白かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする