洋裁大好きブログです。ハンドメイドやリメイクした服作りとアクセサリー・体型カバー服コーデ・初めての服作りを応援します

【簡単】無料型紙使用で布で縫うハンドメイド大人用ニット帽の作り方

2019/03/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 リエ
はじめまして。 『Foppish Forest』管理人のりえと申します。 洋裁とリメイク、ハンドメイドをすることが大好きです。 お悩み体型めくらまし(いかり肩・肩幅広め・出産、年を重ねる上での悩み)&財布に優しい物つくりとライフスタイルを目指しています。

 

無料で型紙を提供してくださっている【アイスティとミシンと娘。】さんの縫うタイプのニット帽が簡単に作れてデザインもちょうどいいので何個か制作しています。私も見直せるように作り方も載せてみましたので記録として残しておきたいと思います。

Sponsored Link

Sponsored Link

使用した生地

3種類ありまして

カーキ色のニットで制作した服↓の残りです

水野佳子の洋裁本から手作り大人服「タートルネックカットソー」を自作で作る方法

ニット服を縫った残り布でも作れます。

 

プードルファーのこげ茶色生地

今は同じのはありませんが、いつも生地を購入しているニット工房さんのこの辺の生地はどうでしょうか。

画像クリックでお店のページに移動できますよ。

お買い得な商品ばかりです。

ファッション市場サンキのもっちりボア

ファッション市場サンキ でボアが売られていたのを使いました。

商品名は【もっちりボア】70×100cmで390円でした。

似たようなのがネット販売されていますが、

画像クリックで詳細ページへ移動できます

 

6000円以上買わないと送料無料にならないのです。

なので、行ける方は店舗に行って購入したほうがお得に買えますよ。

無料型紙:アイスティとミシンと娘。

無料型紙はアイスティとミシンと娘。というサイトさんからダウンロードさせていただいたのを使いました。

Sponsored Link

作り方

型紙を用意したら裁断します。

 

 

 

クラウン(扇型)を4枚

リブを2枚用意します。

ここの部分は自己流なのですが、クラウンの縫い目には伸び止めテープを貼りました。

何故かというと、どうしてもミシンを使うとこのクラウンの縫い目が少し伸びてしまうんです。

アイロンで落ち着かせる方法もありますが、洗っているうちに縫い目もまた伸びてきてしまいます。

このクラウンのラインが伸びてしまうと格好悪いんです。

前に縫ったのも一度ほどいてから接着芯を貼って手直ししたのでした。

だから私はクラウン部分には伸び止めテープをはるようにしています。

このクラウン4枚を縫い合わせていきます。

 

この素材はほつれてはこないけど、縫い代を落ち着かせるためにジグザグミシンをかけました。

クラウン部分は出来上がりです。

つぎはリブを縫っていきます。

中表に合わせて両サイドを縫います。

中表に返して二つ折りにして、

 

クラウン部分と合わせ縫いします。

この時、横ラインには伸縮性が欲しいので、ロックミシンではない場合、家庭用ミシンの縫い目メニューの【三重縫い】か【一番めの細かいジグザグ縫い】で直線部分を縫います。

縫い合わせました

 

アイロンで縫い目を落ち着かせるとキレイになります。

ここでファーなど毛並みを扱う時のアイロンポイントです

ボアとかファーとか毛並みのある物をアイロンする時には【ナイロン針布】というアイロンする時の専用のあて布があり、私も持っていてとても便利商品なのです。

が、

ナイロン針布 20×30cm

価格:1,944円
(2018/11/19 13:04時点)
感想(1件)

ちょっと気軽に手出しができないお値段です。

そんな時は同じ毛並みのある布、ハギレとかを用意しておいて、そのハギレを当て布にするといいですよ。

 

共布で作るポンポンの作り方

本体は出来上がったから、次は帽子のてっぺんにあるポンポンの作り方です。

ポンポン部分をファーにしたり、100均のポンポン製造器を使って糸のポンポンにするのもいいですよね。

今回は共布のポンポンを作ってみました。

大きさは好みによりますが、

今回わたしは直径19㎝で作ってみました。

(布は足りなくなってつぎはぎしました(汗))

内側お鉛筆の〇はきになさらずに、間違えたんです

直径19㎝ぐらいの丸い布を用意します。

(この紙の下にちゃんと生地はあります)

この周囲7~8㎜ぐらい内側も細かい目でぐし縫いします。

ぐし縫いとは

並縫いをごく細く縫うことで、袖山のいせ込みや伸び止めなどに用いられる。

ぐるりと一周縫ったら、そのひもをぐっと引きます。

そうすると布が丸くなります。(くるみボタンの道理と一緒です)

その時に綿をいれてあげながら引きます。

丸くなった糸端はほどけてこないうようにきちんと結んでくださいね。

それを本体に縫い止めしてくっつけます。

私は本体の裏からポンポンを縫い止める作業をします。

糸があまり見えなくていいですよ

完成しました。

着画とまとめ

北海道は真冬の外を歩く時は頭もしっかり防寒してあげないと、気温が低いのに風なんて吹かれた日には、こめかみや頭が痛くなってしばらく治らなくなるんです。

とはいえ、帽子ならなんでもいいとも思えず。

余ったニットやファーだってすごくお手頃な価格で手に入るので縫うのもおすすめですよ。

半日ぐらいで出来上がりますしね。簡単です。

私は編み物ができないので、毛糸の帽子にも憧れますが(^_-)-☆

好きな素材と色とファーとでいろんな組み合わせができますもんね。

手作り帽子おススメです。

最後までお読みくださりありがとうございました。

ご感想・ご意見・ご質問はお気軽にコメント欄やメールでお気軽にお声を聞かせてくださいね。

Sponsored Link

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 リエ
はじめまして。 『Foppish Forest』管理人のりえと申します。 洋裁とリメイク、ハンドメイドをすることが大好きです。 お悩み体型めくらまし(いかり肩・肩幅広め・出産、年を重ねる上での悩み)&財布に優しい物つくりとライフスタイルを目指しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ★洋裁ブログ★Foppish Forest , 2017 All Rights Reserved.