洋裁大好きブログです。ハンドメイドやリメイクした服作りとアクセサリー・体型カバー服コーデ・初めての服作りを応援します

ウェットティッシュカバーや赤ちゃんのお尻ふき自作ケースの簡単な作り方

2019/03/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 リエ
はじめまして。 『Foppish Forest』管理人のりえと申します。 洋裁とリメイク、ハンドメイドをすることが大好きです。 お悩み体型めくらまし(いかり肩・肩幅広め・出産、年を重ねる上での悩み)&財布に優しい物つくりとライフスタイルを目指しています。
ダイソーのウェットシート用のフタとオートバックスでもらったファスナーケースを使いました

ダイソーのウェットシート用のフタとオートバックスでもらった景品のファスナーケースを使って作りました

 

ウェットテッシュケース使ってますか?赤ちゃんがいる時にお尻ふきが必要で、ケースがあるって知りました。←遅い(笑)

お尻ふきやウェットテッシュケースってみんなどんなのを使っているかチェックしたことありますか(笑)?

皆さんそれぞれおしゃれなケースを持っていらっしゃる。

そしてフタがあるから乾燥しないし、かえって使いやすくて便利アイテムですね。

私が制作した物を3種類紹介しますね。

Sponsored Link

Sponsored Link

用意した材料

撥水加工された生地ナイロンバッグ・ラミネートフィルム加工された布

英字のはいつだかのオートバックスでの景品。青とピンク。

表面も撥水加工されていて、ラミネートフィルムという生地です。

景品だけどなかなか英語文字のデザインが好きですね。

もう一つの薔薇の着いた方は、元々はダイソーのナイロンバッグでした。

ほら、表面が撥水加工されているガサガサしている素材です。

ナイロンバッグでもいいと思うんですけど、

ラミネート加工のように表面が撥水加工されていると表面が汚れても、サッとふけるから適している素材だと思います。

ウェットシートのフタ

これはカバーの表面に貼り付けます。
 
私は100円均一のを使用しましたがボンドで貼り付けるのでウェットシートのフタなら何を使っても大丈夫だと思います。
 

ウェットテッシュ・お尻ふきカバーの作り方

 

元々はNAVERまとめで紹介されていたある方の作り方を参考にさせていただき、ウェットティッシュカバーを作ってみました。

手作りなら、思いのママというサイトの100均ケースでウェットティッシュカバー」という記事を参考にさせていただきました。

まずは本体作りをします

A4サイズのファスナーケースを用意します。

もらった状態のファスナーケース。測ってみたらA4サイズでした

最初は平たいファスナーポーチでした

中をひっくり返して両サイドの縫い目をほどきます↓

裏返して両端(ピンクの部分)の縫い目をほどきます

裏返して両端(ピンクの部分)の縫い目をほどきます

 

ほどいたらファスナー部分を真ん中下(裏)になるように折り、両側の輪になっている部分を約3センチずつ折ります。

製作工程

 

この時、使うサイズのウェットティッシュを上に置いてみて幅を調節してカットしておきます。

 

そしてピンクの点線部分を縫います。

 

ひっくり返したらポーチができました。

 

ポーチ部分は出来上がりました

ポーチ部分は出来上がりました

 

簡単でしょう?

 

ウェットティッシュのふたを取りつけ作業です

 

こんどはフタになる部分をつくります

こんどはフタになる部分をつくります

 

A ウェットシートのふたはダイソーで購入。(水色しかなかった)

セリアだともう少し色も豊富で、ピンク・黄緑・白が売っていましたよ。

B  ふたを付けたい部分に見当を付けたら印つけをして、その部分を切り抜きます

C 穴をあけたら裏側にボンドをぬって接着します。
ボンドは手芸・木工用ボンドではなく、ホームセンターで売っているような接着剤を使用することをおススメします。
(手芸・木工用ボンドはすぐはがれてしまったので)

D 乾いたら出来上がりです。

出来上がり図

裏側からウェットシートを出し入れします。

 

3センチずつ折りたたんだので6センチぐらいの高さまでのウェットシートに対応できます。

それ以上大きいサイズのは見たことがないんですけどね(笑)

お次は携帯サイズのウェットテッシュ・お尻ふきカバーを作ります

 

ポケットサイズも作りました

ポケットサイズも作りました

 

こちらもオートバックスの景品ピンクタイプ。

作り方は一緒なのですが、

ウェットシートのフタは購入したのではなく、製品として最初からフタが付いていたのをはがして使いました。

 

表フタのシールを取り替えるまでの工程です

表フタのシールを取り替えるまでの工程です

 

製品のウェットケースのふたには製品名のシールがくっついているので、はがして100均のラメテープをはりつけたりして。

(シールだけど、ボンドもつけて粘着力強化しました)

Sponsored Link

少しだけ工程が違うバラ模様タイプの作り方

とはいってもほぼ同じですが。

どこが違うかといいますと、

 今回は外側からバイアスでくるむ感じにしたいので、写真黒の線のようにたたんでから赤点線の上を縫います

外側に折りこむのではなく、内側に折りこみました。

要するにどちらでも正解なんです。

それと、今回は両サイドを表にひっくり返すのではなく、外側からバイアスでくるむ感じにしたいので、写真黒の線のようにたたんでから赤点線(3行ほど上の写真です)の箇所を縫います。

両端を縫ったら両側をバイアステープでくるんで布端始末をします

両端を縫ったら両側をバイアステープでくるんで布端始末をします バイアスで両端始末をしました(わかりずらいかもしれませんが)

今度は出来上がった真ん中にウェットシートのフタを付ける作業をします

ふたをとりつけます

フタの取り出し口の形に布を切ったら、ボンドを付けたフタをくっつけます。完全に乾いたら出来上がり。

先ほどと一緒ですね。

まとめ

素材は撥水・ラミネート加工されたものを使う。

お尻ふきのふたと本体をくっつける時は木工用ボンドとかではなく、プラスチックもOKなボンドを用意する。

こんなところでしょうか。

簡単にできるので、

素材や柄の選び方では個性がでますねー。

量産したら様々なシーンで活躍すると思うので、目的別専用のお気に入りを作っておくと便利ですよ。

Sponsored Link

Sponsored Link

この記事を書いている人 - WRITER -
管理人 リエ
はじめまして。 『Foppish Forest』管理人のりえと申します。 洋裁とリメイク、ハンドメイドをすることが大好きです。 お悩み体型めくらまし(いかり肩・肩幅広め・出産、年を重ねる上での悩み)&財布に優しい物つくりとライフスタイルを目指しています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ★洋裁ブログ★Foppish Forest , 2015 All Rights Reserved.