ソーイング・ハンドメイド大人服の体型カバーコーデ。洋裁型紙・本の紹介

無料型紙でロングカーディガンを簡単に作る方法!安く手作りできる?ソーイング大人服

2019/04/25
 

今時期多く見かけるのは、年代問わずカーディガンコーデの方が多いなぁと。

一枚はおればサマになりますもんね。

手軽に作れるから、私もパッと作って秋支度しました。
そんな制作記録です。
よろしければお付き合いください。

Sponsored Link

Sponsored Link

布の購入先

こだわりのニット達の通販 NUNNON さんの【ブロック柄のニット生地】です。
378円/50cmです。

実はわたし、ブロックとかモザイクフェチなのです(笑)

(これを語りだすと皆引いていく・・・)

この生地を見た瞬間、欲しい!と思ってしまいました。

生地の隙間に透け感があり、とてもおしゃれな生地なんですよ。

型紙について

生地・服地のニット工房さんで商品代金3000円以上で型紙無料プレゼントの【大人用ロングカーディガン】の製図を少し補正して使いました。

でも条件付きの型紙かーい!って思われた方、

少し下の項目に 【他にも記憶に残しておきたい無料ロングカーディガン型紙】というおススメの型紙を載せていますのでそちらも読んでみてくださいね。

Sponsored Link
Sponsored Link

型紙の補正

少し自己流なところがありますがご了承くださいね。

見頃の脇と袖幅を1.5センチ細くしました。

赤いラインを1.5㎝カットして細くしました。

袖のゆとりだと3センチ、見頃だと全体で6センチ細くなります。

次は丈なんですけれども

私の身長は164㎝で、膝丈ぐらいにしてみたかったので8㎝伸ばしました。

こんな感じで、次の工程に進みます。

接着審や伸び止めテープを貼った場所

少し自己流なところがあります

前回この型紙で作った時の反省点から
(考え方や本当のところはわからないのですが)

縫いやすさや、沢山着用しても縫い目が伸びていかないように

伸び止めを貼っちゃう派です。

横スリットが入りますから、そこもきちんと貼りました。

縫う順序


【1】肩を縫う
【2】脇をぬう
【3】スリットをつくる
【4】袖をつける
【5】袖と見頃の裾を縫う
【6】見頃から襟ぐりもリブ付けをする
ざっくりだとこんな感じです。

でもこれだけの作業なんですよね。

ちなみに、

前を開けて着るのでボタンはつけません。

 

他にも記憶に残しておきたい無料ロングカーディガン型紙

今回は条件付きの無料型紙で制作しました。

この記事を読んでくれて、作ろかと思ったけど型紙は条件付きでは手を出すのは迷うわよ、と思った方へ。

 

クライ・ムキ【ニット地で作る大人服】Vあきのロングカーディガン

ニット地で作る大人服 (レディブティックシリーズno.4134)

新品価格
¥3,980から
(2018/10/1 12:52時点)

そうそう、こんなのを作りたかったのですよ。


図書館で借りてきたものの時間がなくて手持ちの製図で作ってみましたが、こちらの製図もイイ。
無地でも作っておきたいから、今度はこの製図も使ってみたいです。
無料というのは、図書館で借りてくれば無料ということで(^_-)
なんか、中古価格でも高騰価格がついていますよ、人気がありすぎるのでしょうか。

もう一つ

無料型紙をダウンロードできて説明もあるサイトを発見してしまいました。
私は制作してからこちらを知りました。
丁寧でありがたいサイトだと思います

服の作り方・初心者入門編

あとVネックではないけれど、こんなのもありました。

パンドラハウスさんの大人日焼けカーディガン型紙

有料だと

MPLさんにもありましたが、今回は無料にこだわってみました。

 

お得に生地を探すなら

参考までに、ですが。

このカーディガン型紙を使用させてもらったニット工房さんの生地はお財布に優しいです。

私は何度も利用させてもらっています。

このカーディガンを作るのに
おそらくw幅で2.5Mぐらい必要だと思います。

もう生地の提案ができないくらい種類が豊富でお得なのです。

例えば
1m500円のニットだったら一着分1250円ほどで作れる計算になります。

本当に好みにもよりますが、カーディガンやコートはベーシックな色とか柄で作るのが失敗もなく無難なのかと推測

あとはバッグや小物でTPO時と所と場合(に応じて服装などを選ぶこと)を演出するのが良いのかなぁと。

着画とコーデ★

一番最初の写真とほぼ同じですが、少しだけ違います(笑)

ロングカーディガンは無地の方が圧倒的ですよね。
私も無地は持っているので
今回は柄で挑んでみました。
地味なようで派手でもない微妙な感じが好きなのです。

これを着る時の中の服装は、上下とも一色でI(アイ)ラインの着やせ効果を狙ってみました(笑)

先日制作したポシェットも身に付けてみました。

洋裁本cotton friendのファスナーポシェットを簡単にお得に手作りする作り方

まとめ

今回の製作費は
ブロック柄のニット
378円/50cm
なので、2.5m使用したとして
1890円でした。

買ってもいいけど、好きな柄で作れる醍醐味が洋裁ができて良かったと思えます。

Sponsored Link

Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 洋裁ブログFoppish Forest , 2018 All Rights Reserved.