ソーイング・ハンドメイド大人服の体型カバーコーデ。洋裁型紙・本の紹介

100均の材料で男の子のハロウィンイベント衣装【ゲゲゲの鬼太郎】ベストの作り方と動画もあり

2019/08/20
 

息子がハロウィンやイベントで着用したゲゲゲの鬼太郎の衣装です。

100均のフエルトを使って、切りっぱなしOKの、

裾始末も布端始末もいらないので簡単につくれます。

息子は鬼太郎ファンなので、がんばって作りました。

制作方法を詳しく載せたいとおもいます。動画も制作してみましたので参考になれたら幸いです。

Sponsored Link

Sponsored Link

型紙はダウンロードできます

型紙は息子の服からトレース(型紙をおこし)して製図しました。

息子用に作った
1サイズしかありませんが
 
年中さんぐらいから小学校2年生でも着られます。
 
型紙を拡大または縮小コピーするともう少し幅広い年代で着られたりりするかもしれません。
 
出来上がり寸法
胸まわり:86cm
丈:60cm
肩の袖回り寸法:約42cm

手書きの製図をPDFにしたものです。

A4サイズ100%でダウンロードしてくださいね。

全部で9枚あります。

8

作り方

動画を作ってみました。

写真でも詳しく説明を載せていますがよろしければ制作の参考になれたら嬉しいです。

 

使う物

フエルトを用意します

100均のフエルトを用意します。

黒は沢山使うので2本購入したほうがいいです。

使う道具については↓下の記事で書いておりますので

良ければ合わせて読んでみてくださいね。

洋裁好きが使用しているおススメの便利な洋裁道具箱の中身とは?

裁断していきます

 

黒裁断中

ちなみに裁断していくと
 
どこのパーツだったかとか上下がわからなくなりやすいので、
 
縫う直前まで型紙はピンかクリップなどで留めておいたほうが
作業もスムーズです。
 
 

赤いフエルトは
前で結ぶためのひもです。
フエルトの横幅が60㎝だったので
2㎝の幅で裁断し、半分に切りました。
 

パーツを紙がついたまま型紙の通りに並べます。
 
 

パーつを縫い合わせる

そして一つ一つ順番に縫っていく作業をしていきます。

縫う直前に型紙を外して、

上下を間違えないように中表に縫い合わせていきます。

うしろ見頃のパーツを縫い合わせたら

次は前身ごろを縫い合わせていきます。

うしろ見頃同様パーツを合わせていきます。

縫い代の手触りを薄くする方法

縫いしろを上の方に倒してステッチをかけていきます。

その時に下になる方の縫い代の一枚を2~3㎜切ってから

ステッチをかけると触った時の感覚が薄く感じます。

これは脇の見頃を縫い合わせしたときにミシンの動作もスムーズになるのでおすすめです。

これを全部の縫い代にします。

面倒に感じるかもしれませんが

仕上がり縫いやすさに違いが出るので、

余裕があったらやってみることをおすすめします。

前身ごろと後ろ見頃を上に倒してステッチかけます。

ステッチをかけ終わったら、

前見頃と後ろ見頃を中表に合わせてミシンをかけます。

かけ終わり、表側に返すとこのような感じになりました。

次は前で結ぶひもを付けます

といっても二ヵ所ぐらいミシンで縫い留めるだけですよ。

簡単です。

仕上げアイロンをかけたらできあがりです。

りえ

アイロンはあまりあつすぎないように。テカる時があるので、あて布をかけて中ぐらいでかけました。

 

 

鬼太郎が着ている青いシャツもリメイク

西松屋に水色のダンガリーシャツが売っていましたので、

これでいいか確認したら『もっと濃い青がいい』と却下。

短パンも見にいかなければならないのでセカンドストリートへ。

そしたらレディースSサイズでそっくりなシャツを見つけました。

500円なり。

ハサミを入れてしまおうかとも思ったけれど、私も着られそうだから手縫いで無理矢理直しました。

袖も見頃も長い分を中でたるませて縫い留めるんです。

そして見頃を狭く脇から袖にかけて縫いました。

そしたらなんとかごまかしでも着られるように変身しました!

ハイ!出来上がりです。

短パンはリサイクルショップで購入

短パンはシャツを買ったリサイクルショップで購入しました。

もし作るのであればこちらのこちらの方法で作ると半日もあれば作れていまいます。

うさこの洋裁工房の無料型紙で手作り大人&子供用ゴムのショートパンツの簡単な作り方

着画です

頑張ったのでもう一回画像を出させてください(笑)

若干丈をもう少し短くしたら良かったのかもしれませんね。

もし、制作を考えている方がいたら、裾上げしてもいいかもしれません。

でもまぁまぁそっくりに出来たとおもうんですよね。

息子も喜んでくれたし。

ハロウィンイベントも楽しかったみたいですしね。

はぁーっ、終わった~。

まとめ

製作費は

黒2本と黄色と赤のフエルトが合計4本買って432円

型紙は無料です😉

青いブラウスがセカンドストリート(リサイクルショップ)で500円

青い短パンは同じくセカンドストリートにて500円

合計1450円。

短パンは来年の夏も着られるし、青シャツも手縫い部分をほどけば私の服となります(笑)

制作日数は空き時間でやったから3日ぐらいかかったけど、家事もやらなくてもいいのなら1日でできると思います。

ベストだからハロウィン衣装としては簡単な方だったと思います。

鬼太郎衣装、ハロウィンと地元の仮装イベントで2回着ました。

来年は何にするのか今年からちょっと恐ろしいですが・・・(笑)

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご意見ご感想、質問はコメント欄やメールでどうぞお気軽に(o^―^o)ニコ

Sponsored Link

Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 洋裁ブログFoppish Forest , 2018 All Rights Reserved.