ソーイング・ハンドメイド大人服の体型カバーコーデ。洋裁型紙・本の紹介

【ハンドメイド大人服】ダイソーのシフォン生地とコッカファブリック型紙でブラウスを手作りする方法

 

ダイソーのシフォン生地とコッカファブリック・ドットコムさんの型紙でハンドメイド大人服を手作りしました。

シフォン生地のトップス作りのコツや着こなしなどについても綴っています。

Sponsored Link

Sponsored Link

型紙はコッカファブリック・ドットコムさんのリボンブラウス

 
コッカファブリック・ドットコムのサイトであんりこさんが制作されました

リボンブラウス」です。

この型紙は以前も作ったことがあります。

【ハンドメイド大人服】コッカファブリック・ドットコムの無料型紙でブラウスを手作り!アレンジ編も。

好きなVネックだし、着心地よいので夏の定番アイテムです。

使用した生地

生地はダイソーさんのシフォン生地です。
 

少し前に同じくダイソーのシフォン生地の色違いグレーでも違う服を作りました。

100均ダイソーのシフォン(テトロン)生地で簡単に夏の大人服の作り方

こちら↑はグレーでしたが、

今回のはオフホワイトです。
Sponsored Link
Sponsored Link

ダイソーのシフォン生地が無い時の代用品ってある?

残念なことにダイソーさんも良さげな生地はすぐに売り切れてしまいます。

シフォンチュール、ソフトチュールなどシフォン生地の仲間をいろいろくまなく探しました。

チュールは軽さを演出したい時に着るのかな、っていう個人的な認識です。

今回はしっとり柔らかい落ち感あって、

ふんわりほどよい透け感のある生地を使用するのが好きなのです。

パワーネット系かシルクの大判スカーフなんかが合うと思うんです。

スカーフから型紙を裁断する方法もあっていいと思うんですよ。

私だったら次これを買いたい!と思うのは、こちらです↓

これね↑、シルク調の大判スカーフ(全長約180cm×幅約130cm)なんですけど、

縦に裁断して裾をこのまま利用するとか。

色も11色ぐらいあって好みの色でこのドレープのトップスを作ったら

すごい上品なトップスになりますよね。

こちらは黒の総レース。150cm×150cmで1200円。

この型紙なら2枚必要になると思うけど、作ったらすごい素敵だと思います。

私もとってもほしいです(笑)

下の2枚もシルクですが、この無地感がたまらなく好きです。

 

使用した道具

 

使用した道具などはいつも定番なので

こちらの記事にまとめてあります。

よろしければご覧になってみてくださいね。

洋裁好きが使用しているおススメの便利な洋裁道具箱の中身とは?

使用する道具で一つ気を付けることは

シフォン生地は針と糸の細さに気を付けると縫いやすいです。
 
糸は90番
数字が大きくなるにつれ、糸が細くなります。
 
針は9号
数字が大きくなるほど、針は太く穴も大きくなります。
 
何故かというと、
 
一度試し縫いをしている時にボツボツと鈍い音とともに
 
布が吊りそうになってしまったからです。
 
せっかくの生地が吊ってしまったら悲しいですからね。
 

作り方補足

作り方はコッカさんにて型紙やわかりやすい説明があるので、
 
そちらを参考にするとバッチリ縫えます。

 

襟ぐりや見頃の始末にストレッチふちどりテープを使いました

 
私が今回ちょっとアレンジしたところは
 
シフォン生地はちょっと薄手なのでミシンが扱いにくいことです。
 
このデザインは中心線を輪にぜず
縫いしろをつけて縫う作り方だから
 
見頃の中心線も襟ぐり、袖ぐりも
ふちどりストレッチテープという物を使いました。
 
これがシフォン生地などの襟ぐりやそでぐりなんかが簡単に処理できる優れものアイテムなんです。
 

上になる部分がシルバーラメのとゴールドラメのを持っています。

テープって4つ折りぐらいになって売られているのがほとんどだけど、

これは二つ折りだから縫い目がスマートだし縫いやすいんです。

10メートルで300円。 メール便で送料300円だとしても、かなりリーズナブルです。

今回は白ベースにゴールドのをつかいました。

これを襟ぐり、見頃の縦ライン、袖ぐりの縫い代処理につかいました。
 
ちなみに、うしろ見頃も縫いしろ付けて裁断するものを
 
輪で裁断してしまいました。
 

すそのリボンは生地が足りなくて付けられなかった

裾はあんりこさんのデザインだとリボンを付けるのだけど、
 
布が足りませんでした💦
 
なのでリブ風にしました。
 

着こなし一例

 

透けるトップスにはあえて濃いインナーを着て着やせ作戦

このオフホワイトのシフォン生地のインナーには
前生地で作った黒いパワーストレッチのフレンチスリーブインナーを着ています。
 
写真ではちゃんと写らないけど、もう少し透けてます。
 
あえて、色の濃いインナーを着ることによって
トップスより細い身体のラインをチラ見せする目の錯覚で
オフホワイトのトップスの膨張を防ぐ作戦です。
 
ブラも見えてないし、
露出が多くもなく。
ちょうどいい見せ方だと思っています。
 

スカートの時には上半身コンパクト化

私は上半身大きめだし、
足も長く見えてほしい。
 
ゴムベルトで腰骨辺りをウエストインしてるかの
ように見せるようにしています。
 
身長全体から3分の1ほどをトップスの分量にすると
良いそうです。
 
私はウエストが総ゴムの場合、
ジーンズでもお腹のお肉さんが気になるので
あまりウエストインはできません(泣)
 
ですが、ゴムベルトはイイです。
ゴムベルトでウエストインしてるかのように見せられますから
便利なアイテムです。
 
ジーパンの時にはそのままふんわり着ています。
 

ハンドメイドコーデ

今回はサンダルとピアス以外は全身ハンドメイドとなりました。
おパンティもです(笑)

 

まとめ

 
使用した型紙:コッカファブリック・ドットコムのサイトであんりこさんが制作されました

リボンブラウス」です。

使用した生地:100均ダイソーさんのシフォン生地が二枚(綿が65%テトロンが35%)

残念ながらダイソーさんのシフォン生地はすぐに売り切れてしまいます。

上記でも少し提案させていただきましたが、

シルク調の大判スカーフや

パワーネットという素材で代用できると思います。

お値段的にもシルク調大判スカーフはAmazonさん

パワーネットはヤフーオークションが一番品数多くリーズナブルでした。

★ミシン針とミシン糸★

この辺りの素材で服を縫う時はミシン針や糸を細いのを使うことをおすすめします。
 
なぜならばせっかくの生地が吊ったり穴を空けてしまう可能性が高いからです。
 
★着こなし★
ジーパンならそのままで。
 
スカートの時は上半身をコンパクト化するとか
全体の分量の3分の1ほどをトップスの分量にすると
良いそうです。(友人のおしゃれ番長が言ってました)
 
足長効果を狙えます。
私はゴムベルトでウエストイン効果をしてみました。
 
 
夏のトップス作りは、パーツも少なめですぐに出来てしまうのがメリット。
暑い夏、薄手の素材も上手に使って服を沢山作っていきたいです。
 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link

Sponsored Link

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 洋裁ブログFoppish Forest , 2019 All Rights Reserved.