あるといろいろ便利。100円均一のヘッドフォンを幼児対応サイズに加工する

簡単加工した上に大好きなトミカの車生地のカバーでなんちゃって幼児用ヘッドフォンを作りました

簡単加工した上に大好きなトミカの車生地のカバーでなんちゃって幼児対応ヘッドフォンを作りました

今月末、二男(3歳8カ月)が鼻の手術で入院することになりました。(この件は後日また記事で)

4日間なんですけども、どのような入院生活になるかわかりませんが、二男の性格上ベッドの上でじっとしているってことはたぶん無理でしょう。

時間を過ごすグッズを何点か考え中だけど、ポータブルDVDは必需品となるに違いない。

そうなると、音は外にだせない。

3歳児にイヤホンはできません。

ヘッドフォンが必要でしょう。

市販されている幼児用のヘッドフォンってデザインも可愛いし、音が大きくなりすぎないボリューム抑制機能もついてるし、音質も良くてすばらしいと思います。

幼児の交通機関や飛行機の移動に購入されている方もいてお値段もそれなりにするのに私もポチっとしてしまいそうになります。

【即納】安心 子供用ヘッドフォン こども専用ヘッドフォン/音が大きくなり過ぎないから、お子様も安心!ボリューム抑制機能付き 80dBまで。 子供用ヘッドホン (ブルー) RD-KH100(BL)/エルパ[ELPA]朝日電器【150411coupon300】

価格:1,980円
(2015/4/16 12:24時点)
感想(3件)


だけど、頻繁に使う物ではないので購入するわけにもいかず、何か他に対応できる方法はないか考えてみました。

私が子供達が寝静まった後、100円均一のヘッドフォンをして作業する時がありまして、そのヘッドフォンを二男につけてみました。

ちょっと頭頂部に少し高さを加えたら聞けるってことに気づきました。

それでちょっと加工してみることにしました。(前置きが長くなってすいません)

用意したもの

head3

・100円均一で売っているヘッドフォン(ダイソーのヘッドフォン)

・布(表と裏)一枚ずつ。(キルティングではないほうがいいと思う)

・バイアステープ 48~49cm

(私はダイソーさんのバイアステープ12.5mm×2.75mを使用)

・すきまテープ 16cmと15cm一本ずつ

・マジックテープ 16.5×2本

なるべく細いのがいいと思ったのでマジックテープタイプのケーブルホルダ(結束バンド)を使いました。

材料は全部100円均一で揃います。

購入したヘッドフォンに合わせて裁断したり切ったサイズですので形が違えば長さも違ってくるかと思いますので、チャレンジしてみる方がいらっしゃいましたら確認し直したり注意してくださいね。

作り方

ヘッドフォンを用意します。

工程写真1

うちの子(現在3歳8カ月)は頭頂部からすきまテープ2本分ぐらい高さが必要なのでヘッドフォンのアーチの部分にすきまテープをはりつけます。

工程写真2

その時はじっこを5ミリ位差をつけて段差にすると布を巻いた時自然な感じになります。

工程写真3

外側にはみ出た部分はカットします。

これだけでもヘッドフォンは使えるようにはなります。

 

これにリボンやマスキングテープを巻いて使うのもいいなと思い、ちょっとテストしてみたんですけど、不器用なのか出来上がりが不自然でいまいちな出来上がりとなってしまいました。

で、布でカバーを作ることにしました。

型紙を裁断します。

自己流で製図しました。

もし、作ってみたい方がいらっしゃったら自己流の手書き製図でよかったらこちらからダウンロードできるようにしてみました。

(PDFファイルです。100%でDLしてくださいね。覚書き用に書いた簡単な作り方もあり)

さて、裁断し終わったら

①表布と裏布を外表に合わせてバイアステープで縁取りしていきます。

裏地にキルティング加工の布を使用してしまったんだけど、普通布の方が良かったのだと思います

裏地にキルティング加工の布を使用してしまったんだけど、普通布の方が良かったのだと思います

②マジックテープを縫いつけます。

工程図5

③②で出来たカバーを先ほどすきまテープをつけたヘッドフォンにマジックテープ部分を上にくるように巻きつけたら完成。

工程図6「

多少の高さ調節は元々サイドで出来るようになってるから大丈夫。

工程写真8

もっと成長してきたらすきまテープを一段外すなりして年齢に合わせて使えます。

もういらなくなったら簡単に全部取り外せちゃうからまた大人が使ったりできます。

これで入院生活は二男のつきそいに集中できることを願います。

感じた事

入院する前に練習(実験?)をしてみました。

いつも二男は人よりちょっと耳の聞こえが悪いらしくてすぐボリュームを上げようとするんです。

(これも手術により治っていくらしい)

なので、私が音量を確認した後「×」を書いたマスキングテープを貼り付けてから二男にヘッドフォンを装着して観賞開始してもらいます。

貼らないより貼ったほうがいいという考え(^_^;)

はがしちゃうだろうから、このテープも入院グッズメモに書いておいた

効き目はうすいかもしれませんが、「×」バッテンはダメなことだよといつも言ってはいるので、耳のためにもこれだけは約束を守ってもらわねば。

こういう点では市販のヘッドフォンは制御装置が付いているから便利ですよね。

だけど!
幼児サイズにリメイクしたヘッドフォン、あったらけっこう使えることがわかりました。

車の中にもDVDがあるんですけど、小さい車に後ろでDVDを見る二男、前ではオーディオをかけたい長男で長距離移動の時は喧嘩になる時もあります。

そんな時、片方にこのヘッドフォンを使用する(音量は触られないように注意して)と争いがおきなくなったり、

この間病院でも使ってきました。

頼るばかりじゃいけないのは分かるけど、最後の作戦になんて気持ちで持っていると安心できちゃったり。

あとね、来年もディズニー旅行に行けたとしたら飛行機にはこのヘッドフォンを持っていきたいと思います。

最後に感じたことは、

「作ってみたらなかなか使える」

ってことでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする